2011年05月13日

うな忠、田んぼの草刈です。

今日は先日田植えをした田んぼの草刈でした。

田んぼの周りのあぜや土手、トラクターの乗り入れ路に生えてきた雑草の手入れです。

DSC_0018.JPG

雑草には稲を食べる害虫が潜むので、定期的に写真の草刈機で草を刈って増殖を抑えます。

稲刈りまでの間、2〜3週間毎に刈る事になります。

除草剤を使用しないで済むよう、収穫前までコツコツと続けていきます。

2011年05月08日

うな忠、田植えの季節です。

当店のお米は専用の田んぼで栽培されたコシヒカリを使用しています。

当店の田んぼがある豊田市高橋町界隈では、毎年4月終り頃から田植えの時期になります。

写真の田植機で、幼苗を田に植えていきます。苗は平行に真っ直ぐ植えて行く必要があります。

DSC_0009.JPG

真っ直ぐ植えるのには意味があり、間違うと収穫時コンバインで刈る際に、問題になります。

植えるときに右へ左へブレてしまったら、刈る時もそのブレに合わせ右へ左へわざとブレるか、

ブレを無視し真っ直ぐ刈り取り、刈り残しを出すかのどちらかですが、

どちらも良くない事で、とは言え簡単に真っ直ぐ植えられるわけではありません。

田の水量が多すぎると、水面に風で細波が立ち、細波を見ながら田植え機で進む内に

少しずつズレて行ってしまったり、また田場内の起伏を進む内に歪んでしまったりもします。

難しい事が有りますが、だからこそやりがいがある。

先人達の教えをしっかり聞いて、おいしいお米作りに励みたいと思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。