2011年01月20日

う巻き(うなぎ蒲焼きの厚焼き玉子)レシピ

今回は鰻の蒲焼きを使ったレシピの紹介をしたいと思います。
本日の料理は"う巻き"です。
う巻きとは、蒲焼きを芯に巻いた厚焼き玉子になります。
※今回は当店で使用している卵焼き器(約20×25cm)で
調理する場合の分量を元にご紹介させて頂きます。
ご家庭の卵焼き器の大きさに合わせて、材料を適宜調整してください。。

DSC02531.JPG
 材 料      (4人分)

蒲焼き(4cm幅に切ったもの)…3枚
卵(Mサイズ)          …6個
塩                …少々
白醤油(普通の醤油で可)…小さじ1
みりん           …小さじ1
鰹ダシ(冷ます事!)  …120cc
油               …適量
▼蒲焼きは当店通販HPでご注文いただけます。
http://www.unachu.jp

DSC02490.JPG
ボウルに卵と鰹ダシを合わせ
泡立て器でよく混ぜます。
この時鰹ダシが熱いと卵が
固まってしまうのでダシは
冷ましてから入れて下さい!

よく混ぜたら濾(こ)し器で濾します。
濾したものに塩、白醤油、
みりんを入れてよく混ぜます。
卵の準備は完了です。
続いて卵焼き器に火を点ける前にまず、
鰻をレンジなどで軽く温めておきましょう。

DSC02494.JPG

フライパンに油を引いて、十分に
熱したら卵を薄く流し込みます。
卵の表面が固まる前に
真ん中辺りに温めた鰻を並べ
鰻が芯になるように奥から手前に
卵を巻いていきます。





DSC02508.JPG

卵焼き器を振り上げるようにして、
菜箸や木べら等で
芯の鰻を支えながら
手前にひっくり返していきます。









DSC02513.JPG

二度ほど返し手前まで巻けたら、
奥に油を塗ってから
卵焼きを奥へ滑らせ、
スペースの空いた手前にも油を塗り
再度卵を薄く流し込みます。
この時、奥の卵焼きを箸で持ち上げ
卵焼きの下に液を入れ込む
ようにすると芯の卵焼きと
流した卵がしっかりと繋がります。




DSC02522.JPG

巻いて、奥へ戻し、卵を流すを
卵が無くなるまで繰り返し、
最後は巻き簾で形を整え完成です!

〜おいしく仕上げるポイント〜
焦げ付かないように油をマメに塗る事
卵焼き器の温度を下げないようにする事
(温度が下がると卵が卵焼き器に
 ひっつきやすくなります)
卵が焦げないうちに手際よく巻く事です。
表面の卵が半ナマのうちに巻くとフワっと
おいしく仕上がります。

以上"うな忠特製 う巻き"秘伝のレシピでした。
是非ご家庭でもお試しください!!


▼蒲焼きは当店通販HPでご注文いただけます。心よりご来店お待ちしております。
http://www.unachu.jp
posted by うな忠 at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | うなぎレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそー。うまいの知っとるけど。
Posted by at 2011年01月21日 09:06
この前もとても美味しかった。ありがとう。
Posted by コバレレ at 2011年01月22日 15:52
-名無し 様
-コバレレ様

毎度ごひいきにして頂き、ありがとうございます。

またのご来店を心よりお待ちしております!

Posted by うな忠 at 2011年01月23日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181675148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。