2011年05月08日

うな忠、田植えの季節です。

当店のお米は専用の田んぼで栽培されたコシヒカリを使用しています。

当店の田んぼがある豊田市高橋町界隈では、毎年4月終り頃から田植えの時期になります。

写真の田植機で、幼苗を田に植えていきます。苗は平行に真っ直ぐ植えて行く必要があります。

DSC_0009.JPG

真っ直ぐ植えるのには意味があり、間違うと収穫時コンバインで刈る際に、問題になります。

植えるときに右へ左へブレてしまったら、刈る時もそのブレに合わせ右へ左へわざとブレるか、

ブレを無視し真っ直ぐ刈り取り、刈り残しを出すかのどちらかですが、

どちらも良くない事で、とは言え簡単に真っ直ぐ植えられるわけではありません。

田の水量が多すぎると、水面に風で細波が立ち、細波を見ながら田植え機で進む内に

少しずつズレて行ってしまったり、また田場内の起伏を進む内に歪んでしまったりもします。

難しい事が有りますが、だからこそやりがいがある。

先人達の教えをしっかり聞いて、おいしいお米作りに励みたいと思います。




この記事へのコメント
うな忠のお米は自家製なんですね。
…でも、うな忠でたべるお米…けっこうやわらかすぎですよね… 新米の時期だったんですかね…そういう狙いなんですかね…

…わるく言うつもりではないんですが、老舗だからか、忙しいからか、あまりみないような客には きついのか、接客でもいやな思い出があり、2度といきたくないなと思いました。

けど、先日よくいくうなぎ屋さんがお休みで、某所で、びっくりするくらいまずいうなぎをたべ、ごはんもやわらかすぎで、これなら、うな忠のが うなぎはおいしいし と思いました。
というか、比べたら失礼ですね。

でもそこは、頑張ってもその程度のもんしか出せないんだから、なんだかかわいそうになってしまいました。

でもうな忠は、頑張ったら、ごはんも程よく炊けるはずだし、接客なんかは、老舗だからこそ 気持ちよくできるのでは…

生意気なことを申し上げて、ほんとに申し訳ないのですが、同じ思いの方は 絶対いますし、そういうのって言う機会がないので、失礼してみました。

お気に障ったら、ご容赦くださいませ。

匿名ですみません。
Posted by たか at 2011年08月04日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。